フォトアルバム
アイコン 山域別
アルバムインデックス
地図からの検索
アイコン 山行きの記録
メール アイコン メール
掲示板(画像もOK、パスワードが必要)
掲示板(画像付き)
これまでのトップページの1枚(セレクト)など
山に歴史を求めて

From20021006

20171124
UP DATE

(MIHARUの山倶楽部)
---2017年---
後立山連峰唐松岳からの星景(9月11日UP)。
ソニーストア名古屋写真展・トークショー終了しました!(7月28日)。
*「伊吹山ヒメボタル撮影会」終了しました!(7月9日)。
*「2017金生山姫螢」は1500人の参加の下、終了しました!(6月10日)。

---2016年---
*「α7R II ILCE-7RM2 で星空を撮る」(11月)。
*篠田通弘写真展とトークイベント『たまには夜空の星を見上げてみませんか-2016version-』ご参加ありがとうございました!(10月1日)。
「金生山姫螢2016」をUPしました!(6月12日)。
写真集『金生山姫螢-深夜の宝石箱-』完成しました(6月)。
*「D500で星空を撮る」(5月)。

---2015年---
増山たづ子「ミナシマイのあとに」(東京・photographers' gallery 9月27日終了しました)。)
「金生山姫螢2015」は1400人の参加の下、終了しました!
篠田通弘講演会「山の考古学からみた伊吹山」終了しました(1月14日)。

---2014年---
金生山から皆既月食を撮る(10月11日)。
*「金生山姫螢(ヒメボタル)2014」。

---2013年---
「増山たづ子 すべて写真になる日まで」(展覧会 IZU PHOTO MUSEUM)会期延長されました! 篠田通弘講演会「“浮いてまった徳山村”とは何だったのか-廃村30年を前にして-」終了しました(5月5日追加)。
写真展「たまには夜空の星を見上げてみませんか-星景写真へのいざない-」終了しました(11月17日)。
*「金生山姫螢(ヒメボタル)2013」はすべて終了しました。

---2012年---
*「金生山ヒメボタル観察会・二胡コンサート(動画)」をUPしました(7月1日)。
*『「金生山・ヒメボタル」リーフレット』の紹介(5月14日)。
*「金生山姫螢2012ポスター」、「6/9ヒメボタル写真教室のご案内」をUPしました(4月15日)。

---2011年---
シータ&NORA「姫螢-himebotaru-」をUPしました。「金生山姫螢2011」におけるライブです(6月17日)。
*「金生山姫螢2011 ヒメボタル観察会のご案内」をUPしました(4月20日)。

---2010年---
*「燕岳に紅葉と星空を求めて」をUPしました(10月24日)。
*6月5日、12日の「金生山姫螢観察会」盛会のうちに終了しました。「姫螢輝く宝石箱・美濃金生山」。
*金生山から撮影した「濃尾平野の夜明け」をFlashムービーとして公開しました。4分半のドラマです(5月2日)。
*「美濃・金生山明星輪寺の四季」に「春の足音」(全35点)を掲載しました。これで、秋、冬、春の3シーズンをほぼ掲載(4月19日)。
*「美濃・金生山明星輪寺の四季」に「桜咲く頃」の一部22点を掲載しました。残りは近日中に追加予定です(4月13日)。
*「初虚空蔵の夜」(美濃・金生山明星輪寺、全36点)を掲載しました(1月31日)。
「御降りの歳旦」を「美濃・金生山明星輪寺の四季」に追加掲載しました(1月27日)。

---2009年---
*「美濃・金生山明星輪寺の四季」全6シーンを掲載しました。
*「オリオン座流星群を観る」123。3はなかなかよく撮れていると、自画自賛(10月21日~)。
*Flashムービー「燕岳 2009年秋」をUPしました(10月7日)。
美濃金生山明星輪寺様に画像(初こくぞうの風景彼岸花の咲く寺)を提供させていただきました。機会がありましたら、明星輪寺へもぜひお出かけ下さい(9月21日)。
過ぎゆく夏を惜しんで-表銀座・燕岳アルバム-をUPしました。満天の星空に寝る間を惜しんで撮影(9月4日)。
夏山、花の白山-平瀬道を歩く-をUPしました。夏山を彩る花たちとそれを包み込む星たちをご覧下さい(8月10日)。
*長野県白馬山麓栂池高原リゾートイン・マリオンシナノ様HPのトップページに、私の「ミニ写真ギャラリー開設」が紹介されています(7月15日)。
梅雨、南八ヶ岳をUP(6月24日)。雨で空気が洗われ、この時期とは思えない星空が。
春山、後立山連峰唐松岳をUP(5月31日)。強風下におもりごと吹き飛ばされそうな三脚に、しがみついて星景写真を撮影。寒かった。
2009桜の風景を順次掲載中(4月19日)。
*今年は世界天文年。新春のしぶんぎ座流星群に続いて、ほぼ1か月ルーリン彗星を追ってみました。周期は数万年という、一期一会の彗星です(3月2日)。
節分奉納手筒煙火(美濃伊奈波神社、2月3日)。
暮れる栂池高原、迎える朝をUP(1月22日)。

---2008年---
*今年新たに栂池高原のリゾートイン・マリオンシナノ様、ホテル・サンプラザ栂池様にMIHARUの山倶楽部の写真額をご採用いただきました。
 ホテル・ベルハート様ではプラネタリウムにコラボした星夜とISSの写真額、ホテル・サニーバレー様は栂池自然園の花たちの写真を追加ご採用いただきました。
富士山上空に出現したISSをUP(12月21日)。
*夜空からの「にっこりと微笑み」を撮影(12、12月1日)。揖斐谷に登場した冬の星座たちを追加(12月3日)。
美濃平野部上空を通過するISS冠山上空をカシオペヤ座に向かうISS(10月23日)。
星いずる冠山。280秒間のFlashムービーです(10月12日)。明ける・・・冠山をFlashムービーに追加(10月17日)。
槍ヶ岳の朝。63秒間の短縮バージョンです(10月8日)。紅葉の燕岳フォトアルバムを追加しました(10月11日)。
局地的豪雨災害の復旧状況(旧久瀬村東津汲)をUPしました。完全復興にはまだほど遠いです(9月7日)。
*局地的豪雨の降水量データをUPしました(9月5日)。
*9月2日夕方から3日にかけて、揖斐谷を襲った局地的豪雨の状況を緊急にUPしました。旧藤橋村の様子旧久瀬村の様子です。4日の新聞各紙朝刊には、1紙をのぞいて全く取り上げられていないのはどうしてか(9月4日)。
*第21回山の考古学研究会踏査で出羽三山を、遠征ついでに鳥海山を歩きました。フォトアルバムを掲載しました(8月26日)。
*五竜岳に続き後立山連峰唐松岳。晩照の剣岳を望むことが出来ました(8月3、4日)。
*八方尾根から後立山連峰五竜岳を歩きました。待っていたのは、満天の星空。深夜寒さに震えながら、たった一人の撮影(7月30、31日)。
*『平和を願って-私たちの戦争体験-』第2集(MIHARUの山倶楽部制作)が発刊されました。詳しくはこちらから(7月22日)。
*梅雨の晴れ間に八ヶ岳へ。美濃戸口~行者小屋~横岳~硫黄岳~赤岳鉱泉を歩きました。南八ヶ岳フォトアルバムを掲載しました(6月21日)。
春の訪れ-鬼無里-です(5月26日)。
後立山連峰から出現したISS(国際宇宙ステーション)を撮影しました(5月21日)。
白馬三山の上を通過するISS(国際宇宙ステーション)を撮影しました。日の出前の空気は澄み切っていました(5月4日)。
*富山湾、春の蜃気楼。今年初めての出現をUPしました(3月20日)。
*先の栂池の週末は大雪とまれに見る強風。おかげで予定は全て中止。帰路の北陸道には発達した低気圧の影響で、恐ろしい高波が打ち寄せていました。(2月24日)。

---2007年---
*北アルプス白馬山麓栂池高原(小谷村)のホテル・ベルハート様で写真ギャラリーがオープンしました。テーマは「白馬岳の初夏-」。また、同じく栂池高原ホテル・サニーバレー様、サンライズ・タンネ様、やまきゅう荘様にも写真額と解説パネルが展示されています(10月20日)。
*MIHARUの山倶楽部の画像を、南アルプス大門沢小屋様にご採用いただきました。写真額として納めさせていただきました。(9月4日)。
*DVD-Video「白馬岳-2007年初夏-」を制作しました(7月27日)。

当サイトはリンクフリーです。よろしければ上のバナーをご利用下さい(こんなマイナーなサイトでもよければ・・・・)。

MIHARUの山歩き

管理人のひとりごと。

20080101reset

現在の閲覧者数:
20171122秋深まる-揖斐谷-
EIZOダイレクト
シマンテックストア
Just MyShop(ジャストシステム)

※このチャートは全部で20階調あります。すべての階調が識別できるようにディスプレイの明るさとコントラストを調節して、当サイトをご覧下さい。

『金生山姫螢2017』ポスター&チラシ

写真教室・ヒメボタル撮影
Q&Aはこちら

過去のイベントgalleryはこちら

篠田通弘写真集
『金生山姫螢』

アルパ奏者高木葉子さん
ファーストCD

篠田通弘写真展とトークイベント
『たまには夜空の星を見上げてみませんか
-2016version-』
ポスター&チラシ (表・裏)

写真展 αで撮る夜の輝き
-ヒメボタル・星空-

(ソニーストア名古屋)
すべて終了しました!

2017年7/8 『伊吹山ヒメボタル撮影会』
チラシ・表裏